先日のおはるさん。と雑感。

暖かくなってきて天気の良い日は
おはるさんが可愛いです。
天気が悪いとご機嫌も悪いので良い天気だとホッとします。
1歳前までセンターにいたからか、社会性があんまり無いので
不安なときとか天気の悪い日はぴりぴりしてはります。
d0231000_17454938.jpg

いつもこんなんやとええのに。

<おまけ>最近思うこと。
定価の無いものを売っているため、商品の値段は自分が決めています。
仕入れ値の加減とか、自分の思い入れとかそんなんも関係するので
人から見ると「げっ、安!」っというときもあるだろうし、逆の時もあります。
人によっては、自分の売ったものを他の人がびっくりな価格で売って儲けていることを嫌がる人もいます。
でも、私、そういうのは全く気にならないタイプなのです。

年明けにとある骨董市に出店しました。
そこで結構ええ感じの味のある盃を置いていました。2500円。
ジャンボリーに出していたときとかに買っていただいたことのある有名骨董商某氏が来られ、値引きして2000円で買っていかれました。私はとても良い気分でした。認められたような、嬉しい気持ちでした。
隣で見ていた知らない店主が言います。
「あれ、あんな安く売っちゃって、めちゃめちゃいいものかもしれないですよ。あのひと知ってる?有名人だよ。テレビも出てるし。何万も売れるものかもしれないですよ。もったいないな~。高いものだったら悔しいくなんない?」
あたし、ものすごく強欲ですけど、その感覚が無いんですよね~。
自分が売った商品が、買ってくださったお店の商品として雑誌に出たり、インスタでいいね!がいっぱいあって、「素敵~」ってなってると、自分が褒められたように嬉しいんですよね。
何倍の値がついていたとしても、自分が持っていたものを表舞台へ引き上げてくれたことがものすごく嬉しいタイプなんですよね。


年明けに行った、とあるところの美術館。
収集家の展示品が特別展として並んでいました。
あれ?これは!
自分が売ったものが綺麗に陳列されてて感動しました。
傷の位置も同じだし、っていうか、コレだし!
撮影禁止じゃなければ、ピースして自分も入れて撮るところでした。

最近、ちょっとしたことに幸せを感じています。
歳とったのかな~。


インスタ

facebook

ご覧いただけると幸いです。




→ → の≪お問合せ方法≫をお読みください。

お問合わせ・HPはこちら

あんてぃーくかのん。HP



にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村





[PR]
by kanon_new | 2017-03-31 18:10 | いろいろ | Comments(0)
<< お知らせと新入荷。 怖い?(イベント御礼) >>